メインコンテンツにスキップする
 
日本 - フラグ 日本

ご希望の通貨をご確認ください。:

日本円
インコタームズ:発注時に消費税が加算されたDDP
All prices include duty and customs fees.
¥6,000 (JPY) を超えるご注文は通常、発送無料となります

米国ドル
インコタームズ:FCA (発送場所)
関税、通関手数料、消費税は、商品お届け時にお支払いください。
$50 (USD) を超えるご注文は通常、発送無料となります

マイ・マウザーアカウントからログアウトしますか?

NUCLEO-F401RE

STMicroelectronics Logo
511-NUCLEO-F401RE

NUCLEO-F401RE

開発ボードとキット - ARM Nucleo Board STM32F4 STM32F401RE 512K

在庫: 349

349 すぐに出荷可能

0

3 週間
 
最小: 1   倍数: 1

¥-
¥-

価格 (JPY)

¥1,475.2
¥1,475
製品が見つかりました。
類似製品を表示するには、チェックボックスを1つ以上選択します

STMicroelectronics

開発ボードとキット - ARM

 詳細

 

Development Boards

STM32F401RET6

Bulk

STM32 nucleo board

 

STMicroelectronics

 

USB

 

32 bit

 

STM32F

 

3.3 V, 5 V, 7 V to 12 V

 

Development Boards & Kits - ARM

 

Development Tools

 

 

50 g

 
製品が見つかりました。
類似製品を表示するには、チェックボックスを1つ以上選択します

8543890000

8543909000

8543906800

3A991.a.2

STM32 32ビットオープン開発環境(ODE)

STMicroelectronics STM32オープン開発環境(ODE)製品を使用すると、STM32 32ビットMCU Nucleo開発および拡張ボードを用いたオープンかつ簡単でコスト効率の良い迅速なプロトタイピングが可能です。その他の最先端のSTコンポーネントと無料のSTソフトウェア、革新的なデバイスやアプリケーションと組み合わされており、試作品から最終的な設計に迅速に変換できます。
詳細

STM32 Nucleo開発ボード

STMicroelectronics STM32 Nucleo開発ボードは、STM32マイクロコントローラファミリすべての機能を熟知したいユーザをサポートするよう設計されています。迅速なプロトタイピングに最適なボードで、標準化接続機能により、Nucleoボードのポートフォリオ全体にわたってアドオン・ハードウェアを構築、再使用することが可能です。ボードのコネクタはArduino、およびMCUで利用可能なすべてのI/Oにアクセスできる新しい標準 STコネクタ(Morpho)と互換性があります。ボードにはすぐに使えるソフトウェア例が用意されており、IARおよびKeil開発ツール、GCCベースのIDEによってサポートされています。これらのボードにはそれぞれST-LINK/V2-1 インサーキット・デバッガおよびプログラマが搭載されており、オンボードMCUまたは(スタンドアロンモードで) STM32 MCUを搭載するその他のアプリケーションと共に使用することができます。
詳細

Teseo-LIV3F GNSSプロトタイピング・ソリューション

STMicroelectronics Teseo-LIV3F GNSSプロトタイピング・ソリューションには、Nucleo-F401およびX-Nucleo-GNSS1A1ボードと関連STM32ファームウェア(X-CUBE-GNSS1)が組み合わされています。Teseo-LIV3Fを使用したあらゆる新しいポジション認識アプリケーションのプロトタイピングを簡単に実施できます。このソリューションは、Teseo-LIV3Fの標準的なプロトタイピング・プラットフォームで、趣味愛好家やメーカーを対象としています。バックボーンは、Teseo-LIV3F GNSSモジュールおよびSTM32F401RE 32ビットMCUです。

NUCLEO-F401RE Nucleo開発ボード

STMicroelectronics NUCLEO-F401RE Nucleo開発ボードは、STM32F401RET6 ARMマイクロコントローラの評価用に設計されています。これらのSTM32 Nucleoボードはお求め安い価格で新しい概念を試すことができる柔軟性を持ち合わせており、多様な機能や消費電力その他の特性を考慮し任意のSTM32 マイクロコントローラ・ラインとの組合せによって試作模型を作成することができます。これらの開発ボードは、USBインターフェイス(USB Type-A to MiniまたはMicro-Bケーブル)をサポートすると同時に、ARM Cortex M4コアおよび32ビット・バス幅が特徴です。STM32 Nucleoボードは重量1.76ozで、3.3、5、7、12Vの動作供給電圧が特徴です。このプラットフォームには、Windows®(7、8、10)、Linux® 64ビット、またはmacOS®オペレーティングシステムが必要です。

関連ツール
P-NUCLEO-CLD1
開発ボードとキット - ARM
3
次の製品との併用向けに設計されています
STM32F401CCY6TT
ARM マイクロコントローラ - MCU
78
次の製品との併用向けに設計されています
STM32F401VET6
ARM マイクロコントローラ - MCU
665
開発ボードとキット - ARM
498
開発ボードとキット - ARM
75
開発ボードとキット - ARM
362
開発ボードとキット - ARM
358
多機能センサー開発ツール
511
開発ボードとキット - ARM
198
開発ボードとキット - ARM
276
開発ボードとキット - ARM
159
Bluetooth開発ツール(802.15.1)
169
開発ボードとキット - ARM
145