メインコンテンツにスキップする
 
日本 - フラグ 日本

ご希望の通貨をご確認ください。:

日本円
インコタームズ:発注時に消費税が加算されたDDP
All prices include duty and customs fees.
¥6,000 (JPY) を超えるご注文は通常、発送無料となります

米国ドル
インコタームズ:FCA (発送場所)
関税、通関手数料、消費税は、商品お届け時にお支払いください。
$50 (USD) を超えるご注文は通常、発送無料となります

マイ・マウザーアカウントからログアウトしますか?

P-NUCLEO-6180X1

STMicroelectronics Logo
511-P-NUCLEO-6180X1

P-NUCLEO-6180X1

多機能センサー開発ツール VL6180X pack,Exp brd STM32F401RE Nucleo

在庫: 7

7 すぐに出荷可能

0

3 週間
 
最小: 1   倍数: 1

¥-
¥-

価格 (JPY)

¥3,915.1
¥3,915
製品が見つかりました。
類似製品を表示するには、チェックボックスを1つ以上選択します

STMicroelectronics

多機能センサー開発ツール

 詳細

 

Expansion Boards

Ambient Light, Proximity Sensor

VL6180X

3.3 V

Bulk

Proximity, gesture, ambient light sensor expansion board

 

 

STMicroelectronics

 

I2C

 

VL6180X

 

Multiple Function Sensor Development Tools

 

Development Tools

 

 
製品が見つかりました。
類似製品を表示するには、チェックボックスを1つ以上選択します

8543890000

8543909000

8543906800

EAR99

STM32 Nucleo Expansion Boards

STMicroelectronics STM32 X-Nucleo Expansion Boards carry all the required components to evaluate ST devices to be used together with an STM32 MCU and to build STM32-based applications. The Expansion Boards are equipped with standardized interconnections, like an Arduino Uno R3 connector, or a Morpho connector for a higher level of connectivity. Each Expansion Board is supported by STM32-based software modules. The combination of STM32 Nucleo Boards and Expansion Boards is a unified scalable approach with unlimited possibilities for application development, prototyping, or product evaluation.

STM32 32ビットオープン開発環境(ODE)

STMicroelectronics STM32オープン開発環境(ODE)製品を使用すると、STM32 32ビットMCU Nucleo開発および拡張ボードを用いたオープンかつ簡単でコスト効率の良い迅速なプロトタイピングが可能です。その他の最先端のSTコンポーネントと無料のSTソフトウェア、革新的なデバイスやアプリケーションと組み合わされており、試作品から最終的な設計に迅速に変換できます。
詳細

STM32 ODEセンスHWシリーズ

STMicroelectronics STM32 ODEセンスHWシリーズは、Nucleo拡張ボード (X-Nucleos) のポートフォリオです。それらは、STM32 ODEエコシステムにベストインクラスのセンサテクノロジーを提供するように設計されています。このシリーズには、従来のアナログセンサを活用したSTの市場をリードするMEMSテクノロジーと革新的な画像センサが組み込まれています。これによって、最先端の環境およびモーションセンス・テクノロジーが採用されている、魅力的で革新的なアプリケーションの開発が可能になります。

STM32 Nucleo開発ボード

STMicroelectronics STM32 Nucleo開発ボードは、STM32マイクロコントローラファミリすべての機能を熟知したいユーザをサポートするよう設計されています。迅速なプロトタイピングに最適なボードで、標準化接続機能により、Nucleoボードのポートフォリオ全体にわたってアドオン・ハードウェアを構築、再使用することが可能です。ボードのコネクタはArduino、およびMCUで利用可能なすべてのI/Oにアクセスできる新しい標準 STコネクタ(Morpho)と互換性があります。ボードにはすぐに使えるソフトウェア例が用意されており、IARおよびKeil開発ツール、GCCベースのIDEによってサポートされています。これらのボードにはそれぞれST-LINK/V2-1 インサーキット・デバッガおよびプログラマが搭載されており、オンボードMCUまたは(スタンドアロンモードで) STM32 MCUを搭載するその他のアプリケーションと共に使用することができます。
詳細

ハードウェアデバッガ
832
開発ボードとキット - ARM
441
加速センサ開発ツール
193
距離センサ開発ツール
53
距離センサ開発ツール
190
多機能センサー開発ツール
143
距離センサ開発ツール
183
距離センサ開発ツール
24