Analog Devices Inc. CN0549状態基準保全開発プラットフォーム

Analog Devices Inc.CN0549状態基準保全開発プラットフォーム(CbM)には、工業アプリケーションで重要性が増している振動センシングが採用されています。企業は、機械寿命と性能の最適化および所有コストの削減について検討しつつ、当該情報の提供を中心とした新しいビジネスモデルの開発も試みています。監視が必要な機械を正確に表示するためには、通常の動作モードおよび故障状態において装置のベースラインの動作点を決定するために大規模なデータセットを収集する必要があります。このデータが収集されると、アルゴリズムまたは閾値検出ルーチンを作成してこの機器の正しい分析を実現できます。

CbMには、時間領域と周波数領域の両方においてすべての高調波、エイリアシング、その他の機械的相互作用が考慮されるように、帯域幅全域でデータをキャプチャする必要があります。このデータ収集には、高性能センサー、および高忠実度のリアルタイムデータをデータ分析ツールまたはアプリケーションに提供できるデータアクイジション(DAQ)システムが必要です。

MATLAB®のような確立されたツールまたはTensorflowのような新しいPythonベースのツールを使用すると、データの分析、機械のプロファイリング、スマートな意思決定のためのアルゴリズムの作成が大幅に簡素化されます。

振動センシングは、センサーを使用できるため、従来は大半のCbMアプリケーションで圧倒的に使用されていました。また、分析の背後にある科学がより良く理解されています。統合電子圧電(IEPE)規格は、今日の業界において普及しているハイエンドの微小電子機械システム(MEMS)および圧電センサーの人気が高い信号インターフェイス規格です。

 

CBM開発バンドルを購入する

特徴

  • 高帯域幅MEMs加速度計センサーデータは、人気の高いIEPE形式で出力
  • センサー・シグナルインテグリティを維持しながら機械(ポンプ、ファン、モーターなど)への取付が簡単
  • DAQソリューションは、DC~54kHzの高忠実度IEPEアナログ入力帯域幅を実現
  • ローカル組み込みまたはネットワーク接続された処理のための生データをキャプチャおよび保存する組み込みFPGAソフトウェア
  • ユーザーが評価目的でデータを迅速に視覚化できるIIOオシロスコープ・アプリケーション

この回路の評価に必要なボード

  • EVAL-CN0532-EBZ IEPE互換インターフェイス(広帯域MEMS加速度計センサー用)
  • EVAL-CN0540-ARDZ 24ビット対応データ・アクイジション・システム(IEPEセンサ用ー)
  • EVAL-XLMOUNT1機械的に最適化された取付ブロック(MEM加速度計ボード用)

ビデオ

必要な機器

  • EVAL-CN0532-EBZ
  • EVAL-CN0540-ARDZ
  • EVAL-XLMOUNT1
  • FPGA開発ボード(DE10-NanoまたはCora Z7-07s)
  • 16GB MicroSDカード(Kuiper Linuxイメージをインストール済)

システムブロック図

ブロック図 - Analog Devices Inc. CN0549状態基準保全開発プラットフォーム
公開: 2021-03-18 | 更新済み: 2021-03-18