Maxim Integrated MAX77831高効率バックブースト・コンバータ

Maxim Integrated MAX77831高効率バックブースト・コンバータは、広い入力電圧範囲(2.5V~16V)を必要とするシステムを対象に設計されています。MAX77831は、例えば9V(VIN ≥ 4V)で最大2Aまでの18W連続出力電力を供給します。MAX77831コンバータには、内部帰還抵抗を使用する際の5Vデフォルト出力電圧があります。コンバータは、外付け帰還抵抗を使用している場合に3V~15Vの間で任意のデフォルト出力電圧に構成することもできます。ICは、強制PWM(FPWM)モードでのみで動作します。

Maxim MAX77831バックブーストコンバータには、4種類のI2Cインターフェイス・スレーブ・アドレス、4つの異なるスイッチング電流閾値、外付け/内部帰還抵抗の間の選択をプログラミングするための外付け抵抗を実現できるSELピンが搭載されています。外付け帰還抵抗を使用すると、さらに広い出力電圧範囲が実現し、起動時に出力電圧をカスタマイズできるようになります。

コンバータは、最高16V入力までの非バッテリ駆動アプリケーションおよびEN制御搭載の最高16Vまでのバッテリ駆動アプリケーションに最適です。MAX77831は、2.86mm x 2.06mm 35バンプウェハレベルパッケージ(WLP)でご用意があります。

特徴

  • 2.5V~16Vワイド入力電圧範囲
  • デフォルトの出力電圧
    • 5V(内部帰還抵抗を使用時)
    • 3V~15V(外付け帰還抵抗を使用時)
  • デフォルト1.8MHzスイッチング周波数
    • I2Cインターフェイスを介して1.5MHzおよび1.2MHzを選択可
  • 強制PWM(FPWM)モード動作専用
  • 起動後のI2Cプログラマブル出力電圧
    • 4.5V~15V(内部帰還抵抗)
    • 3V~15V(外部帰還抵抗
  • 18Wの連続出力電力(VIN ≥ 4V、VOUT ≥5V)
  • RSEL構成
    • I2Cインターフェイス・スレーブ・アドレス
    • スイッチング電流制限閾値
    • 内部/外部帰還抵抗
  • I2Cプログラミング
    • 出力電圧 (DVS)
    • 出力電圧変化のスルーレート
    • スイッチング電流制限閾値
    • スイッチング周波数
    • パワーOK(POK)ステータスと障害割り込みマスク
    • 内部補償
  • ソフトスタート
  • 出力アクティブ放電
  • オープンドレイン・パワーOK(POK)モニタ/故障状態割込
  • 保護機能
    • 低電圧ロックアウト(UVLO)機能
    • 過電流保護(OCP)
    • 過電圧保護(OVP)
    • サーマルシャットダウン(THS)
  • 高密度相互接続(HDI)PCB不要
  • 2.86Mm x 2.06mm 35 WLPでご用意あり

アプリケーション

  • 最高16V入力までの非バッテリ駆動アプリケーション
  • EN制御による最高16V入力までのバッテリ駆動アプリケーション

簡略ブロック図

ブロック図 - Maxim Integrated MAX77831高効率バックブースト・コンバータ
公開: 2020-11-02 | 更新済み: 2020-11-20