STMicroelectronics STDRIVE101トリプルハーフブリッジドライバ

STMicroelectronics STDRIVE101トリプル・ハーフブリッジ・ゲートドライバは、三相ブラシレスモータの駆動に適した低電圧ゲートドライバです。STDRIVE101は、NチャンネルパワーMOSFET用のハーフブリッジゲートドライバ3台が搭載されているシングルチップです。各ドライバには、600mA(シンク/ソース)の電流能力があります。ブートストラップ回路を介して低圧側および高圧側の両方のゲートドライバの供給電圧を生成する低ドロップ・リニアレギュレータが集積されています。デバイスは、低圧側と高圧側の両方での低電圧ロックアウト(UVLO)を実現しており、電力スイッチの低効率または危険な状態での動作を防止します。  

STDRIVE101に集積された制御ロジックを使用すると、2つの入力戦略(高圧側と低圧側、またはイネーブルとPWM駆動信号)が可能になります。この駆動方法は、DT/MODEピンに従って選択されています。どちらの場合も、インターロッキングまたは内部で発生するデッドタイムによってクロス伝導の防止が保証されます。STDRIVE101は、各外付けMOSFETのためのVDS監視保護および熱シャットダウンも特徴で、電力消費を低減するために待機モードにすることができます。

STMicroelectronics STDRIVE101トリプル・ハーフブリッジ・ゲートドライバは、VFQFPN24パッケージでご用意があり、動作温度範囲は-40°C~+125°Cです。

特徴

  • ワイド5.5V~75.0V動作電圧
  • 600mAシンク/ソース電流能力
  • 3.3Vおよび5.0V制御ロジック
  • 2つの入力戦略
    • デッドタイム生成を調整できるENx/INx
    • インターロッキング搭載INHx/INLx
  • 全チャンネルに対して伝搬遅延をマッチング
  • 非常に短い40ns伝搬遅延
  • 統合ブートストラップダイオード
  • 12V LDOリニアレギュレータ(最大50mA)
  • 各外付けMOSFETの組み込みVDSモニタ
  • 過電流コンパレータ
  • UVLOとサーマルシャットダウン保護
  • 小電流電力動作のための待機モード
  • 動作温度範囲 : -40°C~+125°C
  • 4mm x 4mm VFQFPN24パッケージ

アプリケーション

  • ホーム・オートメーション
  • 電化製品
  • 電動バイク
  • 電力ツール
  • ファンとポンプ
  • 産業用オートメーション
  • 繊維機械
  • ゲーム機とコンソール

ブロック図

ブロック図 - STMicroelectronics STDRIVE101トリプルハーフブリッジドライバ

標準アプリケーション回路

アプリケーション回路図 - STMicroelectronics STDRIVE101トリプルハーフブリッジドライバ
公開: 2020-11-13 | 更新済み: 2021-01-04