Texas Instruments TPS54618C-Q1同期バックコンバータ

Texas Instruments TPS54618C-Q1同期バックコンバータは、フル機能が搭載された6V、6A、同期降圧電流モードコンバータで、2つの集積MOSFETが備わっています。TPS54618C-Q1を使用すると、MOSFETを集積することにる小型設計が可能になり、外付け部品数を削減するために電流モード制御を実装し、最高2MHzまでのスイッチング周波数を実現することでインダクタサイズを削減できます。小型3mm × 3mmの熱強化WQFNパッケージでICフットプリントを最小限に抑えることもできます。

Texas Instruments TPS54618C-Q1は温度に対する±1%の電圧基準精度(VREF)で、さまざまな負荷に対して精確なレギュレーションを提供します。集積12mΩMOSFETおよび515µAの標準供給電流によって効率性が最大化されます。イネーブルピンを使用したシャットダウン供給電流は、シャットダウンモードに切り替わり、5.5µAに低減されます。低電圧ロックアウトは2.6Vに内部セットされていますが、イネーブル・ピンの抵抗ネットワークを使用して閾値をプログラミングすることで増大できます。出力電圧スタートアップ・ランプは、スロースタート・ピンによって制御されています。オープン・ドレインのパワーグッド信号は、出力が公称電圧の93%~107%の範囲内であることを示します。周波数フォールドバックおよび熱シャットダウンによって、過電流状態時にデバイスが保護されます。

特徴

  • 車載アプリケーション向けAEC-Q100認定
    • -40°C~+125°C、TA温度グレード1
  • 機能安全対応
    • 機能安全システム設計を支援する文書を利用可能
  • 6A負荷での高い効率性を目的とした2台の12mΩ(標準)MOSFET
  • 300kHz~2MHzスイッチング周波数
  • 温度全体で0.8V ±1%の電圧リファレンス(–40°C~+150°C)
  • 外部クロックに同期
  • 調節可能なスロースタートとシークエンシング
  • UVおよびOV電源正常出力
  • 熱強化型3mm × 3mm、16ピンWQFNパッケージ

アプリケーション

  • 車載用ヘッドユニット
  • 車載計器クラスタ
  • 車載用ADASカメラ

機能ブロック図

ブロック図 - Texas Instruments TPS54618C-Q1同期バックコンバータ
公開: 2020-10-29 | 更新済み: 2020-11-18