Texas Instruments TPS563207 3A同期バックコンバータ

Texas Instruments TPS563207 3A同期バックコンバータは、シンプルで使いやすいバックコンバータで、SOT563パッケージに収められています。デバイスは、最小の外付け部品で動作するように最適化されています。これらのスイッチ・モード電源 (SMPS) 装置は高速過渡応答を提供し、特殊ポリマーなどの低い等価直列抵抗 (ESR) 出力コンデンサと、外部補償部品のない超低ESRセラミック・コンデンサの両方をサポートするD-CAP2™ モード制御を採用しています。TPS563207は、軽負荷であっても小さなリップルを維持するFCCMモードで動作します。Texas Instruments TPS563207は、6ピン1.6mm×1.6mm SOT563(DRL)パッケージでご用意があり、–40°C~125°Cの接合部温度に指定されています。

特徴

  • 3Aコンバータ(集積95mΩおよび57mΩ FET搭載)
  • 高速過渡応答付きD-CAP2™モード制御
  • 4.3V~17V入力電圧範囲
  • 0.806V~7V出力電圧範囲
  • 連続電流モード(FCCMモード)
  • 標準580kHzスイッチング周波数
  • 3µA未満の小さなシャットダウン時消費電流
  • 2%帰還電圧精度 (25°C)
  • プリバイアス機能を実現
  • サイクルバイサイクル過電流制限
  • ヒカップモード過電流保護
  • ノンラッチUVPおよびTSD保護
  • 1.2msに固定されているソフト起動

アプリケーション

  • デジタル・セットトップボックス(STB)
  • SMPS電源(TV用)
  • スマート・スピーカ
  • 有線ネットワーキング
  • 監視

機能ブロック図

ブロック図 - Texas Instruments TPS563207 3A同期バックコンバータ
公開: 2020-11-04 | 更新済み: 2020-11-25