Carlo Gavazzi EM50エネルギー解析器

Carlo Gavazzi EM50エネルギー解析器は、LCDディスプレイ搭載のDINレール取付を目的とした3相エネルギー解析器です。EM50は、消費トレンドを必要とするアプリケーションでの使用を目的に設計されており、コストの割り当て、エネルギー効率の改善の測定、負荷動作の監視を行うことができます。Carlo Gavazzi EM50エネルギー解析器は、Universal Windowsプラットフォーム(UWP)のWebベースのモニタリングシステムと完全な互換性があります。この解析器には、静的出力(パルス伝送)、リレー出力(アラームまたはリモート制御機能)、Modbus RTUまたはBACnet MS/TPポートが装備されています。EM50は、最大600V L-Lまたは電圧トランスを使用して直接電圧接続を管理します。電流測定は、5Aの電流トランス、333mVまたは80mA(測定・カナダのみ)電流センサ、またはRogowskiコイルで実施されます。

特徴

  • 主な機能
    • 単相、2相、または3相負荷のエネルギー消費量と主な電気的変数を測定
    • 単相および合計変数を表示
    • シリアル通信(Modbus RTUまたはBACnet/TP)経由でデータを送信
    • パルス出力を介したエネルギー消費の送信
    • 送信アラームとリレー出力を介したリモート制御の管理
    • 毎月のエネルギーログを管理する(現在の月と前の2ヶ月)
    • イベントログデータベースを管理する(リセット、ターミナルカバーの開口部、設定、アラームなど)
  • 主な特徴
    • エネルギー測定
      • インポートおよびエクスポートされたkWh、4クアドラントkvarh、4つの料金請求方式
      • 単相測定
    • 選択可能なDMD計算方法(固定、スライディング、選択可能なリフレッシュ時間でのスライディング、または熱)
    • リアルタイムクロックと料金管理

アプリケーション

  • ビルと工業オートメーション
    • 効率的な監視、コスト配分、会計/法務サブ請求

仕様

  • 100V~347V L-N定格電圧
  • 100V~600V L-L定格電圧
  • 2GΩの入力インピーダンス
  • 50Hz / 60Hzの周波数
  • Cat. III 過電圧カテゴリー
  • 保護レベル
    • IP40(フロント)
    • IP20(端子)
  • 動作温度範囲: -25°C~+75°C

構造

チャート - Carlo Gavazzi EM50エネルギー解析器
公開: 2020-11-12 | 更新済み: 2020-11-22