TE Connectivity HDSCnet+信号検証キット

TE Connectivity(TE)のHDSCnet+信号検証キットは、100BaseT1(IEEE 802.3bw)100Mbps接続のためのシグナルインテグリティ試験キットです。これによってシステムエンジニアは、ジャケット付き非シールドツイストペア(UTP)ケーブルを介したシングルペアEthernet通信を対象に、TC2 Open Alliance仕様に従ってTEのHDSCnet+/MATEnetコネクタシステムを検証できます。

試験キットには試験ボード2台が含まれており、それぞれにMATEnet 90°ヘッダ1つとSMA2つを搭載、ケーブルチェーンの両端で1台ずつネットワーク解析器に接続できます。2台の試験ボードの間の合計15mのケーブルリンクは、キットに搭載されている5つのケーブルアセンブリを組み合わせることによって組み立てることができます。これによって、チャンネル内で最大4つのインライン接続が可能になる100BaseT1仕様を複製(再現)できるようになり、エンジニアは全15mの完全接続チャンネル(WCC)の検証を行い、100BaseT1、TC2仕様に準拠できます。ケーブルリンクを1つ以上削除することによって、より短いチャンネル長も検証できます。

TE Connectivity HDSCnet+信号検証キットは、過酷な環境に耐える必要があるアプリケーションでの安全なEthernet接続の実現に貢献します。

キット内容

  • 2X PCBアセンブリにはそれぞれ、90° MATEnetヘッダと2X SMA接続が搭載されています。
  • 1X 3m MATEnetジャケット付きUTPケーブルアセンブリ(プラグ(メス)to HDSCnet+ タブ(オス)コネクタ搭載)
  • 1X 3m MATEnetジャケット付きUTPケーブルアセンブリ(プラグ(メス)to HDSCnet+ プラグ(メス)コネクタ搭載)
  • 3X 3m HDSCnetプラグ(メス)to HDSCnet+タブ(オス)コネクタ
  • 専用の試験セットアップ指示
  • 必要な機器
    • Vectorネットワーク解析器(VNA)
    • 時間領域反射率計(TDR)測定システム
公開: 2020-09-04 | 更新済み: 2020-11-19