Analog Devices Inc. ADcmXL1021-1振動センサ

Analog Devices Inc. ADcmXL1021-1振動センサは、単軸振動監視システムとして機能するように設計されています。この振動センサには、高性能振動センシングシステムとさまざまな信号処理機能が組み合わされており、スマートセンサノードの開発を簡素化できます。これらのスマートセンサノードは、状態基準保全(CBM)システムで活用されています。信号処理には、高速データ・サンプリング(220kSPS)、4096時間のサンプル記録長さ、フィルタリング、ウィンドウ機能、高速フーリエ変換(FFT)、ユーザ設定可能スペクトルまたは時間統計アラーム、エラーフラグが含まれています。ADcmXL1021-1振動センサには3.3V単電源のみ必要で、-40°C~+105°C動作温度範囲に対応しています。代表的なアプリケーションには、振動分析、安全遮断検出、CBMシステム、機械の健康、計測、診断があります。

ADcmXL1021-1は、23.7mm x 27.0mm x 12.4mmのアルミニウム・パッケージで販売されており、標準的な機械用ねじでの設置をサポートする4つの装着フランジを備えています。このパッケージは、広い周波数範囲でのコア・センサを対象に一貫した機械的結合を実現しています。電気インターフェイスは、36mmフレキシブル・ケーブルでの14ピン・コネクタを介しており、システム嵌合コネクタ向けの広範な位置・方向オプションが可能です。

ADcmXL1021-1には3.3V単電源のみ必要で、-40°C~+105°Cの動作温度範囲に対応しています。

特徴

  • 26μg/√Hz超低出力ノイズ密度
  • 10データ記録ストレージ容量
  • 測定範囲: ±50g
  • ステータスフラグを活用したオンデマンド・セルフテスト
  • 23.7mm x 27.0mm x 12.4mmアルミ製パッケージ
  • 220kSPS組み込み高速データ変換およびリアルタイムのデータ・ストリーミング・レート
  • SPI互換シリアルインターフェイス
  • 動作温度範囲: -40°C~+105°C
  • 3.0V~3.6V単供給動作電圧
  • 外部およびタイマ駆動ウェイクアップ機能が搭載されたによるスリープ・モード
  • 手動またはタイマベースのトリガ
  • デジタル温度や電源測定

アプリケーション

  • 振動分析
  • CBMシステム
  • 機械状態  
  • 計測および診断
  • 安全遮断検出

機械図面

機械図面 - Analog Devices Inc. ADcmXL1021-1振動センサ

機能ブロック図

ブロック図 - Analog Devices Inc. ADcmXL1021-1振動センサ
公開: 2020-02-26 | 更新済み: 2020-05-14