TDK MLJ1005多層フェライト・パワー・インダクタ

TDK MLJ1005多層フェライト・パワー・インダクタは、フェライト素材による大電流応答、狭許容差応答が特徴で、高周波数損失が大幅に削減されています。このシリーズには、160nH~560nHのインダクタンス範囲があり、5%許容差が備わっていて、コンパクトな1.0 × 0.5 × 0.5mmパッケージに収められています。MLJ1005インダクタは、スマートフォン、PC、電源ライン用のNFC回路として最適です。

特徴

  • 新開発のフェライト材料による大電流応答
  • 高精度のラミネーションによる狭許容差応答
  • 低損失素材を採用することで高周波損失を大幅に低減

仕様

  • 寸法: 1.0 × 0.5 x 0.5mm
  • 100~560nHインダクタンス@ 25MHz
  • DC抵抗: 0.30~1.40Ω
  • 定格電流: 1.0mA

アプリケーション

  • スマートフォンやパソコン用NFC回路
  • さまざまな電子機器の電源線
公開: 2018-08-30 | 更新済み: 2021-05-10