Broadcom AEAT-9922磁気エンコーダIC

Broadcom AEAT-9922磁気エンコーダICは、360度の回転全体で正確な角度測定を実現している角度磁気回転センサです。これらは、単一デバイス内での複雑なアナログおよびデジタル信号処理が備わっている集積ホールセンサ素子が採用されている洗練されたシステムです。AEAT-9922 ICは、10ビット~18ビットの絶対分解能および1CPR~10000CPRの増分ABI分解能範囲が特徴です。これらのエンコーダICは、-40°C~+125°C内の温度範囲で動作し、コンパクトなQFN-24リードパッケージに収められています。AEAT-9922 ICは、絶対および増分信号を計測し供給するための堅牢なアーキテクチャが備わっている広範なアプリケーションをサポートしている多目的性ソリューションです。

特徴

  • プログラマブルヒステリシス
  • 高精度のためのINL角度補正
  • PWM出力モード
  • RoHS適合
  • 5Vおよび3.3V動作
  • 10ビット~18ビットの絶対分解能を選択可
  • 1pp~32pp整流角度出力UVW
  • –40°C~+125°C動作温度範囲
  • 1CPR~10000CPR増分出力解像度
  • コンパクトなQFN-24リード(4mm × 4mm)パッケージ

アプリケーション

  • ブラシレスDCモーターとステッパモーター
  • リゾルバとポテンショメータ交換
  • 産業オートメーションとロボティクス
  • 工業用ミシンと繊維機器

ブロック図

ブロック図 - Broadcom AEAT-9922磁気エンコーダIC
公開: 2020-12-18 | 更新済み: 2021-04-13