STMicroelectronics L7983同期降圧スイッチングレギュレータ

STMicroelectronics L7983同期降圧スイッチングレギュレータは、0.85V~VINの範囲で出力電圧を調整できるピーク電流モードアーキテクチャに基づいて300mA DCまでを供給します。モノリシックL7983レギュレータは、入力電圧範囲が広くUVLO閾値を調整することができ、12V、24V、48V工業バス規格の仕様に適合します。ソフトスタート時間は内部で固定されており、出力電圧監視装置は任意のデジタル負荷(マイクロコントローラ、FPGAなど)のリセット位相を管理します。内部補償ネットワークは、高ノイズ耐性、シンプルな設計が特徴で、コンポーネントコストを節約します。

RSTオープンコントローラ出力は、電力オンフェーズの間の出力電圧シーケンスを実装することもできます。中から重負荷の高効率用に設計された同期整流、および高スイッチング周波数機能により、アプリケーションのサイズが小型化されます。両方の電力素子におけるパルスごとの電流検出は、効果的な定格電流保護を実装します。

低消費電力モード(LCM)はアイドルモード中にアクティブとなるアプリケーション用に設計されているため、制御された出力電圧リップルを使用して軽負荷時の効率を最大化します。「低ノイズモード」(LNM)は、スイッチング周波数を一定の過負荷電流範囲にし、低ノイズアプリケーションの仕様に適合します。STMicroelectronics L7983同期降圧スイッチングレギュレータは、ダイナミックLCM~LNM遷移をサポートしています。

特徴

  • 低ノイズ・モード選択のための動的低消費電力モード
  • オプションのスペクトラム拡散(デザリング)
  • ソフトスタート内蔵
  • イネーブル/調整可能なUVLO閾値
  • 外部クロックに同期
  • 内部補償ネットワーク
  • 内部電流制限
  • 過電圧保護
  • 出力電圧シークエンシング
  • サーマルシャットダウン

アプリケーション

  • 12V、24V、48Vバス用に設計
  • バッテリ駆動アプリケーション
  • 分散されたインテリジェント・ノード
  • フェイルセーフシステム
  • センサと低ノイズ・アプリケーション(LNM)

仕様

  • 3.5V~60V動作入力電圧
  • 固定出力電圧(3.3Vおよび5V)または0.85VからVINへの調節が可能
  • 300mA DC出力電流
  • 10µA動作自己消費電流(L7983PU33R、VIN > 24V、LCM)
  • 2.3µAシャットダウン電流
  • 200kHz~2.2MHzプログラマブルスイッチング周波数
  • 温度範囲
    • -40°C~+150°C動作
    • -65°C~+150°C保存
  • 0.3A高圧側/低圧側RMSスイッチ電流

アプリケーション回路

アプリケーション回路図 - STMicroelectronics L7983同期降圧スイッチングレギュレータ

ブロック図

ブロック図 - STMicroelectronics L7983同期降圧スイッチングレギュレータ
公開: 2020-11-02 | 更新済み: 2020-12-30