TDK TMS-ALMインダクタ(電源回路用)

TDK TMS-ALMインダクタ(パワー回路用)には、高飽和磁束密度を備えた金属が採用されており、優れたDCバイアス特性を達成できます。これらのインダクタは商業グレードで、寸法2.5mm x 2mm x 1.2mm、一般的なチップ部品と同じ製品形状と端子構造になっています。TDK TMS-ALM薄膜インダクタは、汎用ランドパターンにも取り付けることができます。その他の機能: 1.0µH~4.7µHのインダクタンスと±20%許容差、1.6A~3.7Aに定格された電流、-40°C~+125°C動作温度範囲(自己温度上昇を含む)が備わっています。最適なアプリケーションには、産業機器、HDD、SSD、DVC、DSC、スマートフォン、モバイルディスプレイパネル、ポータブルゲームデバイス、コンパクトな電源モジュールがあります。

特徴

  • 商用グレード
  • 薄膜
  • 優れたDCバイアス特性を達成するために高飽和磁束密度の金属磁性材料を採用
  • 一般的なチップ部品と同じ製品形状と端子構造
  • 優れた取付安定性特性
  • 汎用ランドパターンに取り付け可能
  • 閉鎖磁気回路構造によって漏洩磁束を最小化
  • 無指向性
  • AEC-Q200に準拠

アプリケーション

  • 産業用機器
  • HDD
  • SSD
  • DVC
  • DSC
  • スマートフォン
  • モバイルディスプレイパネル
  • ポータブルゲーム機器
  • 小型電源モジュール

仕様

  • パッケージサイズ2.5mm x 2mm x 1.2mm
  • 1.0µH~4.7µHインダクタンス
  • インダクタンス許容差: ±20%
  • 1MHz測定周波数
  • 1.6A~3.7A定格電流
  • 20Vに最大電圧を定格済
  • -40°C~+125°C動作温度範囲(自己温度上昇を含む)

L周波数特性

パフォーマンスグラフ - TDK TMS-ALMインダクタ(電源回路用)

寸法 (mm)

TDK TMS-ALMインダクタ(電源回路用)
公開: 2020-06-24 | 更新済み: 2020-07-03