Texas Instruments TPS746/TPS746-Q1調整式1A LDOレギュレータ

Texas Instruments TPS746/TPS746-Q1調整式1A LDOレギュレータは、1Aで225mVという超低ドロップアウトが特徴で、システムの電力効率の向上に役立ちます。TPS746/TPS746-Q1 LDOレギュレータは、1.5V~6.0Vの入力電圧範囲に対応しており、0.55V~5.5Vの間で外部調整することもできます。この低出力電圧によって、このLDOは、さらなる低コア電圧でさらに新しいマイクロコントローラに電力を供給できます。TPS746-Q1は、車載用アプリケーションを対象としたAEC-Q100認定を受けています。

特徴

  • 入力電圧範囲: 1.5V~6.0V
  • 可変出力電圧: 0.55V~ 5.5V
  • 非常に低いドロップアウト: 225mV(最高)@ 1A(3.3VOUT
  • 高出力精度:
    • 0.7%, Typical
    • 温度(85°C)全体で最大1%、
  • オープンドレイン・パワーグッド出力
  • パワーグッド立ち上がり遅延:
    • TPS746: 165µs
    • TPS746B: 5ms
  • IQ: 25µA (Typical)
  • モノシリックVOUTの立ち上がりの内蔵ソフトスタート
  • パッケージ: 2mm×2mm 6ピンWSON (DRV)
  • アクティブ出力放電

アプリケーション

  • セットトップ・ボックス、ゲーミング・コンソール
  • ホーム・シアターとエンターティメント
  • デスクトップPC、ノートPC、ウルトラブック
  • プリンタ
  • サーバ
  • サーモスタットと照明制御
  • 電子POS(EPOS)

機能図

ブロック図 - Texas Instruments TPS746/TPS746-Q1調整式1A LDOレギュレータ
公開: 2019-01-18 | 更新済み: 2020-02-07