Analog Devices Inc. ADcmXL3021 3軸振動センサ

Analog Devices ADcmXL3021 3軸振動センサは、広い帯域幅、低ノイズ、高度に統合された振動モニタリング・モジュールで、機械的に最適化されたパッケージに高度MEMSセンサと最適化されたシグナルチェーン、組み込み信号処理が組み込まれており、予測メンテナンス・ソリューションを実現できます。ADcmXL3021は、条件ベース監視(CBM)システムのスマート・センサ・ノードの開発を簡素化するように設計されています。

MEMS加速度計での標準的な超低ノイズ密度(26μg/√Hz)は、優れた解像度に対応しています。広い帯域幅(3dB平坦度内でDC~10kHz)によって、数多くの機械プラットフォームでのキーとなる振動シグネチャの追跡が可能です。

信号処理には、高速データ・サンプリング(220kSPS)、4096時間のサンプル記録長さ、フィルタリング、ウィンドウ機能、高速フーリエ変換(FFT)、ユーザ設定可能スペクトルまたは時間統計アラーム、エラーフラグが含まれています。シリアル・ペリフェラル・インターフェイス(SPI)は、振動データと広範なユーザ構成可能機能が搭載されている、レジスタ構造へのアクセスを実現しています。

ADcmXL3021は、23.7mm x 27.0mm x 12.4mmのアルミニウム・パッケージで販売されており、標準的な機械用ねじでの設置をサポートする4つの装着フランジを備えています。このパッケージは、広い周波数範囲でのコア・センサを対象に一貫した機械的結合を実現しています。電気インターフェイスは、36mmフレキシブル・ケーブルでの14ピン・コネクタを介しており、システム嵌合コネクタ向けの広範な位置・方向オプションが可能です。

ADcmXL3021には3.3V単電源のみ必要で、-40°C~+105°Cの動作温度範囲に対応しています。

特徴

  • 3軸デジタル出力MEMS振動センシング・モジュール
  • 測定範囲: ±50g
  • 超低出力ノイズ密度、26μg/√Hz(MTCモード)
  • 広い帯域幅: 3dB平坦性内でDC~10kHz(RTSモード)
  • 組み込み高速サンプリング: 1軸当たり220kSPS
  • 6個のデジタルFIRフィルタ、32のタップ(係数)、デフォルト・オプション:
    • ハイパスフィルタ・カットオフ周波数: 1kHz、5kHz、10kHz
    • ローパスフィルタ・カットオフ周波数: 1kHz、5kHz、10kHz
    • ユーザ構成が可能なデジタルフィルタ・オプション(32係数)
  • 内部FFTを使用したスペクトル分析
    • 拡張記録(レコード)長さ: 0.42Hz~53.7Hzのビンサイズで構成可能な1軸あたり2048ビン
    • 手動またはタイマーベース(自動)のトリガ
    • ウィンドウ処理オプション: 長方形、ハニング、フラットトップ
    • FFT記録平均化、最大255レコード(記録)まで構成可能
    • スペクトル定義のアラーム監視、1軸あたり6個のアラーム
  • 統計的指標を活用した時間領域キャプチャ
    • 拡張されたレコード(記録)の長さ: 1軸あたり4096サンプル
    • 平均値、標準偏差、ピーク、波高率、歪度、尖度
    • 構成可能なアラーム監視
  • リアルタイム・データ・ストリーミング: 各軸で220kSPS
    • CRC-16エラーチェック機能が搭載されている通信バーストモード
  • 各軸のデータレコードストレージ: 10
  • ステータスフラグを活用したオンデマンド・セルフテスト
  • 外部およびタイマ駆動ウェイクアップ機能が搭載されたによるスリープ・モード
  • デジタル温度や電源測定
  • SPI互換シリアルインターフェイス
  • 識別レジスタ: 工場出荷時にプログラミングされたデバイスID、ユーザ・プログラマブルID
  • 単電源動作: 3.0V~3.6V
  • 動作温度範囲: -40°C~+105°C
    • 125°C(接合部温度)での自動シャットダウン
  • パッケージ
    • 23.7mm x 27.0mm x 12.4mmアルミ製パッケージ
    • 36mmフレキシブル14ピン・コネクタ・インターフェイス
    • 大容量:13g

アプリケーション

  • 振動分析
  • CBMシステム
  • 機械状態
  • 計測および診断
  • 安全遮断検出

ビデオ

その他の資料

Industry 4.0を対象とした堅牢なワイヤード条件ベースのモニタリングの実現
タービン、ファン、ポンプ、モータといったロボットと回転機械の条件ベースのモニタリングは、最適化された制御だけでなくターゲットを絞った予測保守も実現できる機械の健全性と性能に関連したリアルタイムのデータを記録します。設計サイクルとテスト時間に関して、またインダストリアルCbMソリューションの市場投入時間を迅速化に関しての詳細をご覧ください。
詳細

もっとも適した予測保守センサの選択
予測保守(PdM)には、状態ベースの監視(CbM)、機械学習、分析といった技術が組み合わされており、今後の機械または資産の障害を予測できます。機械の健全性を監視する場合、もっとも適したセンサを選択することが非常に重要です。これによって、故障を検出、診断、さらには予測することもできます。
詳細

風力タービン状態監視に最適な振動センサの選択
振動に基づいて早期にエラーを検出するシステムを維持すると、完全な風力タービンのコストのかかるダウンタイムを回避できます。状態に応じたモニタリングに最適な振動センサを選択し、リスクを低減できます。
詳細

次世代の状態保全のパンフレット

ブロック図

Analog Devices Inc. ADcmXL3021 3軸振動センサ

ピン構成

機械図面 - Analog Devices Inc. ADcmXL3021 3軸振動センサ
公開: 2019-04-30 | 更新済み: 2020-09-17