Analog Devices Inc. ADXL35x加速度計

Analog Devices ADXL35x加速度計は、高解像度の振動測定を提供し、無線センサネットワークを介した構造欠陥の早期発見を目的としています。ADXL35xファミリは、低消費電力、超低ノイズ密度3軸MEMS加速度計で構成されており、選択可能な測定範囲、過温度全体での低0gオフセットドリフト、優れた長期安定性が備わっています。

ADXL354/ADXL355/ADXL356/ADXL357加速度計ADXL354/ADXL356加速度計は、アナログ出力用に設計されています。その一方、ADXL355/ADXL357加速度計は、デジタル出力用に設計されています。

• ADXL354Bシリーズは、±2gおよび±4gの各範囲に対応
• ADXL354Cシリーズは、±2gおよび±8gの各範囲に対応
• ADXL355シリーズは、±2.048g、±4.096g、±8.192gの各範囲に対応
• ADXL356Bシリーズは、±10Gおよび±20gの各範囲に対応
• ADXL356Cシリーズは、±10Gおよび±40gの各範囲に対応
• ADXL357シリーズは、±10.24g、±20.48g、±40.96gの各範囲に対応

特徴

  • 密封パッケージで、優れた長期安定性を提供
  • 0gオフセット対温度(すべての軸):
    • 0.15mg/°C最大(ADXL355)
    • 0.75mg/°C最大(ADXL356/ADXL357)
  • 超低ノイズ密度 (すべての軸):
    • 20μg/√Hz(ADXL354)
    • 80μg/√Hz(ADXL356/ADXL357)
  • 低消費電力、V供給(LDO対応)
    • 測定モードでのADXL354/ADXL356: 150μA
    • 測定モードでのADXL355/ADXL357: 200μA
    • ADXL354/ADXL355/ADXL356/ADXL357スタンバイモード: 21μA
  • ADXL354/ADXL356には、ユーザによる調整が可能なアナログ出力帯域幅あり
  • ADXL355/ADXL357には、デジタル出力機能あり
    • デジタルシリアルペリフェラルインターフェイス(SPI)/I²Cインターフェイス
    • 20ビットアナログデジタルコンバータ(ADC)
    • データ補間習慣と同期サンプリング
    • プログラマブルハイパスおよびローパスデジタルフィルタ
  • 電気機械的自己試験
  • 集積温度センサ
  • 電圧範囲のオプション
    • 内部レギュレータ搭載V供給: 2.25V~3.6V
    • 内部低ドロップアウトレギュレータ(LDO)バイパスありV1P8ANA、V1P8DIG: 1.8V typical ±10%
  • 動作温度範囲: −40°C~+125°C
  • 14端子、6mm × 6mm × 2.1mm、LCCパッケージ、0.26グラム

アプリケーション

  • 慣性測定ユニット(IMU)/高度と方位リファレンスシステム(AHRS)
  • プラットフォーム安定化システム
  • 構造健全性モニタリング
  • 地震画像
  • 傾斜感知
  • ロボット工学
  • 状況モニタリング

ビデオ

技術記事

  • Understanding the Fundamentals of Earthquake Signal Sensing Networks
    Modern, low-cost MEMs based ground sensing technology is now capable of measurements that are on par with traditional instruments. Using the wide range of Analog Devices products, a sensing device can be implemented to cater to different seismic sensing applications.
    Learn More

  • Choosing the Right Accelerometer for Predictive Maintenance
    Monitoring a machine’s health status enables predictive maintenance, allowing industries to anticipate breakdowns and realize substantial operational savings and downtime. To determine when it is the right time to trigger a maintenance operation, the manufacturer uses parameters such as vibration, noise, and temperature measurements. In a rotating machine (engine, generator, etc.) an abnormal vibration can be a sign of a faulty ball bearing, axle misalignment, imbalance, or excessive looseness. Avoid being caught off guard and detect the very first signs of an anomaly with a low noise, high bandwidth accelerometer.
    Learn More
公開: 2017-01-27 | 更新済み: 2022-03-11